人気ブログランキング |
Top

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の乗り物と旅の話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
pendolino - eurostar
settebello/セッテベッロ
fs/イタリアの鉄道
tram/トラム
atm/ミラノの交通
stazione/駅
orient express
giappone/日本
italia/イタリア
spagna/スペイン
macchina/車
museo casa ferrari
FIAT 500 E...
ricordo/子供の記憶
sciopero/ストライキ
altro...その他...
思い出写真館
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
VIRTUOSISMO STRUMENTALE DELL'OTTOCENTO

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO


Reiwa Foto Japan
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:pendolino - eurostar( 10 )
写真で見る、歴代イタリアの特急列車 その5 - ETR600, ETR610
- 2006年にイタリア国内の一般路線と高速専用路線を走行できる交直流振り子式特急。
初めは黒を基調としたジウジアーロ(Giugiaro)デザインのユーロスター・イタリア・アルタ・ヴェロチター(Eurostar Italia Alta Velocità/ES* AV)用の塗装だったが、すぐに赤の入った塗装に変わった。
ETR600 Pendolino (ペンドリーノ)
b0189111_23553192.jpg
写真:ローマ・テルミニ駅 2012年3月25日
25.03.2012 Sta. Roma termini

現在は、ユーロスター・イタリア・アルタ・ヴェロチターとフレッチァ・アルジェント(Eurostar Italia Alta Velocità Freccia Argento/AV FA)として活躍している。
b0189111_23592888.jpg
写真:ローマ・テルミニ駅 2012年3月25日
25.03.2012 Sta. Roma termini


- 2006年にイタリアの一般路線と高速路線、スイス、ドイツ用に作られた交直流振り子式特急。
当初は青を基調とした車体だったが、現在は赤と白を基調した車体に変更された。
また、ETR610がアルタ・ヴェロチターやフレッチァ・アルジェントとして走行している事もある。
ETR610 Cisalpino Due (チザルピーノ・ドゥーエ)
b0189111_0151993.jpg
写真:ミラノ中央駅 2012年4月3日
03.04.2012 Sta. Milano centrale

b0189111_0325922.jpg
写真:ミラノ中央駅 2012年4月3日
03.04.2012 Sta. Milano centrale


その1 ETR200, ETR300, TER401, ETR450
その2 ETR460, ETR470, ETR480, ETR485
その3 ETR500 Monotensione
その4 ETR500 Politensione
by etr300 | 2012-06-21 00:33 | pendolino - eurostar
写真で見る、歴代イタリアの特急列車 その4 - ETR500 Politensione
- ナポリの鉄道専門デザイン会社アンサルドブレーダ社(AnsaldoBreda)によりイタリア国内の一般路線と高速専用路線の両方の電圧区間を走行できる高速特急。
ETR500 Politensione (ポリテンジオーネ)
b0189111_2394750.jpg
写真:ミラノ中央駅
Sta. Milano centrale

ベースの塗装に赤い線が加えられた。
また、非常に多くのラッピングされた車両が多く存在した
b0189111_2254519.jpg
写真:ミラノ中央駅 2006年12月13日
13.12.2006 Sta. Milano centrale

ユーロスター・イタリア(Eurostar Italia / ES*)からユーロスター・イタリア・アルタ・ヴェロチター(Eurostar Italia Alta Velocità / ES* AV)と名前を変更した際にジウジアーロ(Giugiaro)がボディーカラー、座席などの車内カラーを担当した。
b0189111_23124719.jpg
写真:ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅 2006年9月10日
10.09.2006 Sta. Venezia S.L.

移行時期は2種類のユーロスター・イタリアが並ぶ事もあった。
b0189111_23572777.jpg
写真:ローマ・テルミニ駅 2007年8月22日
22.08.2007 Sta. Roma termini

現在、ユーロスター・イタリア・アルタ・ヴェロチター(Eurostar Italia Alta Velocità / ES* AV)から、高禄専用路線を主に走行するフレッチァ・ロッサ・アルタ・ヴェロチター(Freccia Rossa Alta Velocità / FR AV)になった。
また、ミラノ~ローマをノンストップで結ぶビジネス用の特急は、従来の1等車、2等車では無く、Executive、Business、Premium、Standardの4階級に分かれる特急が営業を始めた。
b0189111_2333614.jpg
写真:ミラノ中央駅 2009年3月19日
19.03.2009 Sta. Milano centrale

2種類のカラーが並んでいた事もあった。
ジウジアーロのデザインのほうが好きだった。
b0189111_011850.jpg
写真:ミラノ中央駅 2009年3月20日
20.03.2009 Sta. Milano centrale


その1 ETR200, ETR300, TER401, ETR450
その2 ETR460, ETR470, ETR480, ETR485
その3 ETR500 Monotensione
その5 ETR600, ETR610
by etr300 | 2012-06-21 00:24 | pendolino - eurostar
写真で見る、歴代イタリアの特急列車 その3 - ETR500 Monotensione
- 1988年に作られた高速特急試作車両。
ETR500 Remo (レーモ)
b0189111_14383159.jpg
写真:車内からフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅付近 2006年7月17日


ピニンファリーナ社デザインにより1992年から製造された一般路線用に作られた特急。
ETR500 Monotensione
b0189111_18305572.jpg
写真:ミラノ中央駅 2006年12月13日

運転席入り口付近に「pininfarina」と書かれていた。
b0189111_1923592.jpg
写真:ローマ・テルミニ駅 2007年8月22日

高速専用路線は電圧の関係で走れないのでユーロスター・シティー(Eurostar City)の機関車として活躍しだした。
ユーロスター・シティーは、コンパートメント席だったインターシティー(IC)からオープン席になったインターシティー・プラス(IC plus)と同じ扱い。
b0189111_22225514.jpg
写真:ミラノ中央駅 2009年3月19日
19.03.2009 Sta. Milano centrale

現在は、一般路線用の高速特急フレッチァ・ビアンカ(Freccia Bianca/FB)として活躍。
しかし、フレッチァ・ビアンカはユーロスター・シティの車両、停車駅とほぼ同じなので、少し割高感がある。
b0189111_22374546.jpg
写真:パドヴァ中央駅 2012年4月21日
21.04.2012 Sta. Padova centrale


その1 ETR200, ETR300, TER401, ETR450
その2 ETR460, ETR470, ETR480, ETR485
その4 ETR500 Politensione
その5 ETR600, ETR610
by etr300 | 2012-06-20 23:27 | pendolino - eurostar
写真で見る、歴代イタリアの特急列車 その2 - ETR460, ETR470, ETR480, ETR485
- ジウジアーロのデザインにより1990年代にイタリア国内線用に作られた直流振り子式特急。
ETR460 ペンドリーノ後にユーロスター・イタリア (Pendolino / Eurostar Italia)
b0189111_11155015.jpg
写真:ローマ・テルミニ駅 2007年7月19日
19.07.2007 Sta. Roma termini

運転席側面に「GIUGUARO DESIGN」と書かれていた。
b0189111_193441.jpg
写真:ローマ・テルミニ駅 2007年7月19日
19.07.2007 Sta. Roma termini


- ETR460をベースにイタリア、スイスを走行できるように作られた交直流振り子式特急。
ETR 470 チザルピーノ  (Cisalpino)
b0189111_11442485.jpg
写真:ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅 2003年6月23日
23.06.2003 Sta. Venezia S.L.

ベースの塗装に赤い線が加えられた。
b0189111_11212352.jpg
写真:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 2004年3月8日
08.03.2004 Sta. Firenze S.M.N

全面的に塗装を変更した。
b0189111_1135045.jpg
写真:ミラノ中央駅 2009年3月20日
20.03.2009 Sta. Milano centrale


- イタリア国内専用のETR460を一般路線と高速専用路線を走行できるように改造した振り子式直流特急。
ETR 480 
b0189111_11171869.jpg
写真:ローマ・テルミニ駅 2006年7月25日
25.07.2006 Sta. Roma termini


- イタリア、スイスが走行できる交直流車両をイタリア国内の一般路線と高速専用路線を走行できるように改造した振り子式交直流特急。
ETR485
b0189111_11272734.jpg
写真:ボローニャ中央駅 2007年8月26日
26.08.2007 Sta. Bologna centrale


- ユーロスター・イタリアからユーロスター・イタリア・アルタ・ヴェロチター(Eurostar Italia Alta Velocità/ES* AV)用に塗装が変更された。
ETR480 / ETR485
b0189111_11282492.jpg
写真:ローマ・テルミニ駅 2007年7月19日
19.07.2007 Sta. Roma termini


現在、改造されなかったETR460と一部のETR480はオリジナル塗装で南イタリアでユーロスター・イタリア(Eurostra Italia / ES*)として活躍している。
ETR480とETR485は、一般路線と高速専用路線を走行するフレッチァ・アルジェント(Eurostar Italia Alta Velocità Freccia Argento/AV FA)として活躍している。
b0189111_1255959.jpg
写真:ナポリ中央駅 2012年4月17日
17.04.2012 Sta. Napoli centrale


その1 ETR200, ETR300, TER401, ETR450
その3 ETR500 Monotensione
その4 ETR500 Politensione
その5 ETR600, ETR610
by etr300 | 2012-06-20 00:31 | pendolino - eurostar
真っ暗な車内
この下の写真は、なんだか分かりますか?
b0189111_1455570.jpg

日本だと絶対ありえないと思いますが、高速運転中の特急電車の車内です。

ちょっと前までちゃんと電気がついていました。

突然車内の電気が消え何も見えなくなりました。

何分くらいこの真っ暗な状況が続いたでしょうか・・・
しばらくしたら何事も無いまま(アナウンスなど一切ありませんでした)、さっきまでの状態になりました。

誰も騒がなかったけど、高速運転中だったので事故にならなくて良かったです。

イタリアでは、時々こういう状況に遭遇してしまいます。
by etr300 | 2010-05-14 05:43 | pendolino - eurostar
最も長距離を走るユーロスター・イタリアは?

日本の特急列車は、次々と姿を消してきています。
長距離の特急となると、数えるほどしか残っていません。


長距離を走っているES(ユーロ・スター・イタリア)から、停車駅(到着時間、出発時間)、所要時間、距離、乗車料金などを調べてみました。

イタリアで長距離を走るES(ユーロ・スター・イタリア)に乗ってみたいという人の参考になれば。。。


b0189111_15562434.jpg




◎ミラノ(Milano:ロンバルディア州)~ターラント(Taranto:プーリィア州)

Milano Centrale (ミラノ中央駅)
--:-- / 13:05
Bologna Centrale (ボローニャ中央駅)
14:52 / 14:56
Rimini (リミニ駅)
15:51 / 15:53
Ancona (アンコーナ駅)
16:41 / 16:44
S. Benedetto Del Tronto (サン・ベネデット・デル・トローント駅)
17:28 / 17:30
Pescara Centrale (ペスカーラ中央駅)
18:05 / 18:08
Foggia (フォッジア駅)
19:49 / 19:52
Bari Centrale (バーリ中央駅)
20:56 / 21:05
Gioia Del Colle (ジォイア・デル・コッレ駅)
21:38 / 21:39
Taranto (ターラント駅)
22:15 / --:--

所要時間/9時間10分
距離/約960km

1日1往復
1等車:89.00euro
2等車:67.00euro


◎ミラノ(Milano:ロンバルディア州)~レッチェ(Lecce:プーリィア州)

Milano Centrale (ミラノ中央駅)
--:-- / 11:05
Bologna Centrale (ボローニャ中央駅)
12:52 / 12:56
Rimini (リミニ駅)
13:51 / 13:53
Ancona (アンコーナ駅)
14:41 / 14:44
S. Benedetto Del Tronto (サン・ベネデット・デル・トローント駅)
15:28 / 15:30
Pescara Centrale (ペスカーラ中央駅)
16:05 / 16:08
Termoli (テルモーリ駅)
16:58 / 17:00
Foggia (フォッジア駅)
17:49 / 17:52
Bari Centrale (バーリ中央駅)
18:53 / 18:57
Monopoli (モノーポリ駅)
19:23 / 19:24
Brindisi (ブリンディージ駅)
20:05 / 20:07
Lecce (レッチェ駅)
20:34 / --:--


所要時間/9時間29分
距離/約1030km

料金
1等車:92.00euro
2等車:68.00euro



◎トリーノ(Torino:ピエモンテ州)~バーリ(Bari:プーリィア州)

Torino Porta Nuova (トリーノ・ポルタ・ヌオーヴァ駅)
--:-- / 07:45
Asti (アスティ駅)
08:17 / 08:19
Alessandria (アレッサンドリア駅)
08:38 / 08:40
Voghera (ヴォゲーラ駅)
09:02 / 09:04
Piacenza (ピアチェンツァ駅)
09:39 / 09:42
Bologna Centrale (ボローニャ中央駅)
10:52 / 10:56
Rimini (リミニ駅)
11:51 / 11:53
Ancona (アンコーナ駅)
12:55 / 12:58
Pescara Centrale (ペスカーラ中央駅)
14:15 / 14:18
Termoli (テルモーリ駅)
15:14 / 15:16
Foggia (フォッジア駅)
16:06 / 16:09
Barletta (バルレッタ駅)
16:38 / 16:40
Bari Centrale (バーリ中央駅)
17:15 / --:--



所要時間:9時間30分
距離:約1000km

1等車:87.00euro
2等車:66.00euro



b0189111_15564622.jpg


ES City (ユーロスター・シティ)

◎ミラノ(Milano:ロンバルディア州)~レッチェ(Lecce:プーリィア州)

Milano Centrale (ミラノ中央駅)
--:-- / 07:05
Piacenza (ピアチェンツァ駅)
07:42 / 07:44
Bologna Centrale (ボローニャ中央駅)
08:52 / 08:56
Rimini (リミニ駅)
09:51 / 09:53
Pesaro (ペーザロ駅)
10:13 / 10:15
Ancona (アンコーナ駅)
10:49 / 10:52
Pescara Centrale (ペスカーラ中央駅)
12:05 / 12:08
Foggia (フォッジア駅)
13:48 / 13:51
Bari Centrale (バーリ中央駅)
14:52 / 14:56
Ostuni (オストゥーニ駅)
15:36 / 15:37
Brindisi (ブリンディージ駅)
16:03 / 16:05
Lecce (レッチェ駅)
16:33 / --:--

所要時間/9時間28分
距離/約1030km

1等車:92.00
2等車:66.50
by etr300 | 2007-12-03 12:27 | pendolino - eurostar
新幹線のような試作車両 ペンドリーノ ETR401

ETR401 (Elettro Treno Rapido:エレットロ・トレーノ・ラーピド)
pendolino (ペンドリーノ)

イタリア国鉄(FS)とフィアット(FIAT:Fabbrica Italiana Automobili Torino)社の鉄道車輌部門(現在フランスのアルストム社と統合されている)の共同開発された振り子システムは、先頭車に備えられたセンサーによりカーブの重力移動を感知し、油圧シリンダーにより車体を強制的に車両傾かせる方式になった。

強制的に最大10度傾くため車両限界値にあわせ丸みを持たせた。


b0189111_161318.jpg



1969年に開発が始まり、1976年に4両編成の試作車を発表した。


1964年に新幹線が開業したので、もしかしたら新幹線を意識して、このような色になったのかもしれません。

ときどき、「鉄道の案内」にイタリアの鉄道ではなく新幹線の描かれていたりするのを見かけるので、普通の人には「ペンドリーノ試作車両」と「新幹線」の区別がつかないのかもしれません。

b0189111_16135481.jpg


ETR401(試作車)から、このETR450が作られた。
b0189111_16141354.jpg


試作車ETR401と量産車ETR450の変更した箇所は、
・運転席上にある「センサーらしき部品」の角度
・ヘッドライトの大きさ
・スカートの塗装
・運転席への入り口(ドアー)位置と大きさ
・屋根の雨どい
などが写真から分かる。

全ての写真は、マルケ州アンコーナ駅近くの車庫に停車していたところを撮影しました。
by etr300 | 2007-10-07 21:10 | pendolino - eurostar
ユーロスター・イタリア ETR500の車内 その2
ユーロスター・イタリア ETR500の車内 その1」からの続き。


ユーロスター・イタリアの1等車には、定員4人の個室が2室ぐらいあり「Salottino business class:サロッティーノ・ビジネス・クラス」というカテゴリーの個室がある。

一般的な1等車の座席とほぼ同じ大きさだが、オレンジ色と黒の革張りの落ち着いた感じになっている。

料金は、普通の1等車より1.5倍ぐらいの特別料金になっている。




一度、全ての車両がいっぱいで、この席になったことがあった。
切符売り場の人も「この席しかないけど、大丈夫?」と聞いてきたが、この列車でしか行けなかったので乗ってみました。

仲間同士で座るならいいが、他人同士はかなりつらい空間でした。
いくら、イタリア人でも居心地が悪かったと思います。

革張りの座席も服装によっては、快適に過ごせるが、夏場の肌が出ている服装の時には、少しくっつく感じがあってあまり居心地がよくなかった。

座席の大きさや形状が1等車両の座席と同じだが、1等車両の座席にある本来の座面にある「くぼみ」が革張りのために効果がなくなり、本来の機能性はあまり感じられなく、座り心地が良くなくなったと思う。


b0189111_18231629.jpg



食堂車は、オレンジに統一された明るい車内になっている。
営業時間は決まっていて、1等車優先でウエーターが予約を取りにくるが、営業が始まってから空席状況を車内に放送をして、空席がある場合は予約無しでも行くことも出来る。
食事は、コース料理(前菜、パスタ類の第1の皿、メインの第2の皿+付け合せ、デザート)が基本でつけ合わせなどかなり融通が利く。
季節、路線によってメニュー、コース・メニューは変わる。
そのほか、ハーフ・ボトルのワイン(赤ワイン2~3種類、白ワイン2~3種類、発泡ワイン)、リキュール類、水、ジュース類など頼める。
営業時間は、布製のテーブルクロス、陶器の皿、グラスなどのテーブルセッティング、窓に花(造花だったかも知れない)など食堂車としての雰囲気はかなり良い。

b0189111_18245846.jpg
写真:営業終了後の椅子とテーブル

b0189111_18235477.jpg
写真:営業を終えた後の食堂車の為、テーブルクロスなどのセッティングはされていなく、座席もあげて掃除をし終わっている。


食堂車の営業時間外は、食堂車に併設してあるバールで軽食が楽しめる。
バール部もオレンジに統一されている。
朝のセットもその時によって違うが、ブリオッシュ+暖かい飲み物(エスプレッソ、カップッチーノ、チョコラート、紅茶)+ハム+チーズ+生ジュース+パン+バター+ジャム+蜂蜜の朝のセットが8ユーロぐらいであったりする。
b0189111_18252985.jpg



トレンイターリアのホームページから
ビジネス・クラス・サロンの画像を見る
食堂車の画像を見る バールの画像を見る        QuickTime.
by etr300 | 2007-06-01 21:47 | pendolino - eurostar
広告ユーロスター・イタリア

日本でも、広告列車やバスをよく見るようになりました。

日本では、「ラッピング車両」と呼ぶみたいですが、イタリアでは
Livrea pubblicitaria (リヴレーア・プッブリチターリア=広告のお仕着せ)と言います。



トレンイターリアは、ちょっとびっくりするような広告列車があります。
日本で言うと新幹線がこの状態になっているのを想像してもらえれば。。。

もちろん、普通の列車にもありますが、今回はユーロスター・イタリアのみです。


ユーロスター・イタリアの広告列車。
b0189111_18581917.jpg
mandarina

b0189111_18583315.jpg
mandarina

b0189111_18584978.jpg
lotto

b0189111_1859465.jpg


b0189111_18593049.jpg


b0189111_1903625.jpg
marche



広告列車を探すだけでも面白いです。



高速列車なのにスピード感の無い「マンダリーナ・ダック」の顔の愛くるしさが、なんとも言えないです。



広告ユーロスター・イタリアばかり集めたイタリアのサイトへ
by etr300 | 2007-05-05 20:45 | pendolino - eurostar
ユーロスター・イタリア ETR500
ETR500 (Elettro Treno Rapido:エレットロ・トレーノ・ラーピド)


トレンイターリアの最高速度時速300kmを誇る
特急列車「ユーロスター・イタリア」ETR500。
時刻表などの表記は「ES*」。
EuroStar Italiaの発音は、車内や構内アナウンス意外では「イタリア」を省いて、「エウロスタール」「エウロスター」「ユーロスター」と人によってばらばら※。
 ※イタリア語の発音か英語の発音かの違いです。


前後が機関車になっていて乗客の乗ることのできない機関部になっている。
客車にはモーターが付いていないので、モーターなどの振動や音が無く、ゆれも少なく静かで乗り心地は良い。

ローマ~フィレンツェ間の高速専用路線(通称「Direttissima:ディレッティッシマ」)の開通にあわせピニンファリーナ社デザインによるETR500(1次車)が1995年から営業を始めた。

ローマ~フィレンツェ間(工事期間1978~1991年)の高速専用路線は在来線と同じ直流3000Vだったが、それ以降の高速専用路線を交流25000Vに設計したため新たな機関車が必要になり、現在は直流専用の1次車と交直流の2次車の両方が走っている。
2005年12月に開通したローマ~ナポリ間、2006年2月に開通したトリーノ~ノヴァーラ間だけが交流路線なので、今のところ他の区間は1次車と2次車の両方が走っていても問題は無いようだ。

2次車のデザインは、ナポリの鉄道専門デザイン会社AnsaldoBredaアンサルドブレーダ社)が受け持ち、正面のデザイン、機関車部上部のパンタグラフの形などが変更された。(2次車のパンタグラフは、「◇」と「く」の2種類の形が存在する)
客車内部も多少変更されている。



b0189111_173151.jpg
写真:ミラノ中央駅
ピニンファリーナ社デザインのETR500の1次車
ETR500 Monotensione モノテンシィオーネ





b0189111_17313334.jpg
写真:ミラノ中央駅
アンサルドブレーダ社デザインのETR500の2次車
ETR500 Politensione ポリテンシィオーネ



ピニンファリーナPininfarina
フェラーリのデザインがもっとも有名で、船舶、トラック、バス、トラクター、フォークリフト、スピーカー、エスプレッソマシン、サングラス、、、など分野は幅広く、最近ではトリーノ・冬季オリンピックの聖火台とトーチのデザインも担当した。


b0189111_18163560.jpg

ETR500機関車部(1次車)
運転席出入り口近くに「pininfarina」のサインが(緑色の文字)確認できる。
by etr300 | 2007-03-08 21:37 | pendolino - eurostar