Top

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の乗り物と旅の話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
pendolino - eurostar
settebello/セッテベッロ
fs/イタリアの鉄道
tram/トラム
atm/ミラノの交通
stazione/駅
orient express
giappone/日本
italia/イタリア
spagna/スペイン
macchina/車
museo casa ferrari
FIAT 500 E...
ricordo/子供の記憶
sciopero/ストライキ
altro...その他...
思い出写真館
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
piccolo vagabondo
primo piatto

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen

STRABACCO


















その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:fs/イタリアの鉄道( 8 )
新しい切符の自動販売機
最近新しくなった自動販売機。

5ヶ国語対応(イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語)になり、インターネットで購入した切符や変更など、いろんなことが出来るようになったのですが、以前の機械よりタッチパネルの反応が遅くなったように感じました。

新しい販売機になってから、切符表面はツルツルになりました。
ツルツルになったからか、2回トリノ駅で紙詰まりで切符が出て来ない事がありました。
b0189111_10592795.jpg
写真:ミラノ中央駅 2012年3月3日
sta. milano c.le. 03.03.2012
[PR]
by etr300 | 2012-05-17 20:34 | fs/イタリアの鉄道
2012年4月現在のイタリアの鉄道事情
ここ10年でものすごく鉄道事情が変わってきています。


- Freccia Rossa (ES* AV / Euro Star Italia Alta Velocità)
フレッチィア・ロッサ (エウロスター・イタリア・アルタ・ヴェロチタ)

高速専用路線を主として走行する高速特急


- Freccia Argento (FA)
フレッチィア・アルジェント
高速専用路線と一般路線を走行する高速特急


- Freccia Bianca (FB)
フレッチィア・ビアンカ
一般路線を走行する特急
以前の、EuroStar Italia(ES*)とInterCity(IC)を掛け合わせた感じです

- EuroStar Italia (ES*)
エウロスター・イタリア
以前はイタリア各地を走行していた高速特急だが、現在は南イタリアを中心に地方でしか運行されていない

- InterCity (IC)
インテルシティー
以前、客車タイプの特急としてイタリア全土で運行していたが、現在は南イタリアとわずかな路線でしか運行していない

- InterCity Notte (ICN)
インテルシティー・ノッテ
客車タイプの特急の寝台
高速路線専用の特急が主要な都市をつないでいるので、ほとんど姿を消してしまった


- EuroCity (EC)
エウロシティー
ヨーロッパの都市を結ぶ国際特急
客車タイプの車両と電車タイプ(イタリア国内のFreccia Argentoとほぼ同じ車両を使用している)がある


- Regione Veloce (RV)
レジオーネ・ヴェローチェ
中都市を結ぶ客車タイプの快速
以前のInter Regione(IR)と同じ


- Regione (R)
レジオーネ
各駅


- Espresso (E)
エスプレッソ
ほとんど見かけることが無くなってしまった急行列車
長距離の夜行急行として見かけることが多い

b0189111_11553674.jpg
写真:Freccia RossaとFreccia Argento

2011年9月に開業をすると言われていた新しい鉄道会社「ITALO(イタロ)」が2012年4月28日から運航を開始しました。
僕がイタリア滞在中には、「復活祭の後(4月中旬)に運行開始する」と言っていたのですが、延期されてしまい乗ることが出来ませんでした。
試運転をしている姿は何度も見かけたのですが・・・
[PR]
by etr300 | 2012-05-07 05:19 | fs/イタリアの鉄道
時には、こんな車両でくつろぐ。。。
ときどき、ものすごく混んでいることがありました。

祭日、ストライキの後の日、遅延が慢性しているときなど。。。

ものすごく混んでいて車内に入れなかったときは、ドアの段差に何時間も座っていたことがありました。
(指定席が基本なので、発車間際に切符を買うと座席が無いことがあります)

そんな時、混んでいる車内から移動できたら食堂車(Ristrante)やスナックカー(Snack)へ行くことをお勧めします。

スナックカーでは、軽食やおつまみなどを買って、ゆっくり食べていれば目的地まで別の楽しみが出来るかもしれません。


b0189111_10473868.jpg
写真:ICのスナックカー。
壁に張り付いたテーブルは角度をつけてあり、ひとり分の空間が確保できます。



b0189111_10475333.jpg
写真:アンコーナ~ペーザロは、砂浜のすぐ近くを通るので、このような景色を見ながら楽しめます。


2004年ごろから個室では無く、普通座席のIC車両が多くなってきました。
2等車は座席が非常に増え開放的になったけど、ヨーロッパ独特の車両が少なくなってきたのは、少し悲しいことです。

そして、日本でも少なくなってきた食堂車やスナックカーはイタリアでも少なくなってきたのは、やっぱり悲しいことです。。。
[PR]
by etr300 | 2009-05-11 20:09 | fs/イタリアの鉄道
イタリア・ローカル線の車窓から。。。その2

架線の無い路線は、窓から思いっきり楽しめます。


トスカーナ州のローカル線です。


b0189111_15385065.jpg


シエーナ~エンポーリ
siena - empoli

この区間は、遠くの丘に小さな街が見えたり、なんともいえないのどかな風景が続きます。
[PR]
by etr300 | 2008-01-16 16:44 | fs/イタリアの鉄道
イタリア・ローカル線の車窓から。。。その1

ピエモンテ州のローカル線


b0189111_15484559.jpg



アスティ~アルバ
asti - alba


この路線は、なだらかな丘が続き、その丘にはブドウ畑が広がっている。


そのブドウ畑でつまみ食いをしている鹿がいたりしました。
[PR]
by etr300 | 2008-01-05 21:12 | fs/イタリアの鉄道
イタリアの鉄道:2007年6月10日のダイヤ改正

2007年6月10日のダイヤ改正は、大幅に変わりました。


イタリアのFS(Ferrovie dello Stato)こと、Trenitalia(「トレニターリア」とか「トレンイターリア」と発音)が大幅なダイヤ改正を行いました。


b0189111_19535547.jpg



ミラノ~ローマに「AV(Eurostar Italia Alta Velocità:アルタ・ヴェロチター)」が運行されました。
現在は「ES*(Eurostar Italia:ユーロスター・イタリア)」と「AV」が交互に運行されています。
所要時間は、4時間30分のまま変わっていません。

ミラノ~ナポリは、「ES*」が6時間30分で運行されていました。
改正後、「AV」の直通運転により6時間12分に短縮されました。
ほんの少しだけ、短縮されました。


b0189111_1954132.jpg



ミラノ~アンコーナなどを走っていた多くの「IR(Interregionali :インテル・レジオナーレ)」が廃止になり、ユーロスター・イタリア、IC(Inter City:インテル・シティ)、ES City(ユーロスター・シティ)の運行になってしまいました。

2005年冬のダイヤ改正により、トリーノ(Torino)~アンコーナを走っていたRV(レジオナーレ・ヴェローチェ)も無くなってしまったようです。



FS「2007年6月10日のダイヤ改正について」のページへ
[PR]
by etr300 | 2007-06-14 22:30 | fs/イタリアの鉄道
まっすぐな線路

イタリアの鉄道は、平野部になるとまっすぐな区間が多いです。

区間によっては、点と点を線でつないだように、街と街がまっすぐの線路でつながっています。


古代ローマ帝国時代、国が拡大していくのに街と街をつなぐ街道は、ほぼ直線で作られています。

当時、軍事目的の馬車や郵便馬車が出来るだけ早く移動するために、直線で作られたと言われています。

もしかしたら、古代ローマ帝国時代からの「遺伝子」に、組み込まれている物なのかもしれません。



b0189111_2091465.jpg


写真:IC(Inter City:インテル・シティ)の最後部の車両から。
[PR]
by etr300 | 2007-06-05 22:37 | fs/イタリアの鉄道
イタリアの鉄道

イタリアを駆け巡る国鉄FS(Ferrovie dello Stato)が2000年1月から州ごとの民営鉄道会社Trenitalia(「トレニターリア」とか「トレンイターリア」と発音)に業務が引き続かれた。

イタリア国鉄の民営化は、ちょうど日本国有鉄道(JNR)からJRになったのと同じような感じだが、Trenitaliaに業務が引き継がれた後も愛称は「FS」のまま引き継がれしまっているため、「Trenitalia」と「FS」が混同してしまっている。

民営化されても遅延はしっかり「伝統」として引き継がれているが、冬季トリノ・オリンピック以降その「伝統」は多少減ってきたように思う。
「伝統」が減ってきた背景には、「罰金」が見えてくる。
無理をして大きな事故だけは避けてほしい。
イタリアの鉄道事故は、びっくりするぐらい多いので。。。


b0189111_1914410.jpg
写真:ミラノ中央駅
イタリアの誇るユーロスター・イタリアETR500第2次車。
現在のユーロスター・イタリアと塗装が多少違う。
[PR]
by etr300 | 2007-03-04 00:51 | fs/イタリアの鉄道